三井住友銀行カードローンの利用限度額増額

キャッシングベスト3

三井住友銀行カードローンの利用限度額を増額したいのですが

三井住友カードローンを半年程度利用しています。現在の利用限度額は100万円で、来春息子が大学受験を控えているため、すこし増額しておきたいと考えていいます。ですが増額してもらう方法が良く分からず困っています。どのようにすれば増額して貰えるのか手順を教えて下さい。

三井住友銀行の方からの増額の案内を待つのが良いでしょう

大学受験といえばこれから数年間は子育ての中でももっともお金が掛る時期で大変ですね。さてカードローンの利用限度額の増額の件ですが、一般的にカードローンの利用限度額を増額してもらうには二通りの方法が有ります。1つ目は金融機関の方から増額しませんかと案内を出す場合、もう一つは利用者の方から増額して下さいと金融機関の方に申込む場合です。現在多くの金融機関は案内は出さず利用者の方から申込むことになっています。

しかし三井住友銀行の場合には両方の方式を使っています。あなたの様に来春に備えて増額が必要な場合には、電話で増額を申込めば増額についての審査を行ってくれます。ただし、三井住友銀行の場合には、増額の案内を出す場合も有ります。たとえばATMの利用時に増額の隠微が現れるようになったり、インターネット上から利用する場合も増額のリンクが現れます。増額したい場合にはこの案内に沿って手続きすればすぐに審査を行ってくれます。

お勧めとしては案内があるまで待つことです。どちらの方法を使うにしろ、増額する為には審査を受けることが必要です。審査と言うものは申込時と同じように落とされる可能性が有るものです。したがって増額を申込んだからと言って、必ず増額されるというものではありません。ただし三井住友銀行の方から案内が有ると言うことは、利用状況から判断して増額できる条件を満たしているのではないかと銀行側が見ていると言うことです。

したがって、増額の審査においては案内が有った時のほうが審査には通り易くなります。さてそこで増額の条件を考えてみましょう。銀行側としてはそれぞれの利用者の信用度を見て利用限度額を決めています。あなたの場合100万円と言うことですからそれなりの収入が有り信用度も評価は高いと思われます。しかし利用開始からまだ半年と言うことですので、増額を申し込むにはぎりぎりです。この半年間に滞納などせずに適正に利用を続けていたとすればそろそろ増額の案内も有るかもしれません。

ただし、滞納していなくても利用が低調で実績が少ないと評価されているとすれば、まだまだ増額の審査には通らないと思われます。そこで増額をする方法としては取り敢えずもう少しこのまま年末ぐらいまで案内を待ってみてはいかがでしょうか。新年を迎えても案内が無いようであれば、その時には電話で増額の申込みを行ってみてください。いずれにしても審査はすぐに行われますから、息子さんの受験までには問題が無ければ増額できるはずです。

注意しなければいけないのは、なかなか増額の案内が来ないからと言って他の金融機関のカードローンなどに申込んでおくと言うようなことはしない方が無難です。三井住友銀行はそういう点の審査に厳しく、増額どころか減額されてしまう事もあるのです。

限度額800万円までの三井住友銀行カードローン

三井住友銀行は全国に439の本支店、16の海外支店を出店する国内トップクラスのメガバンクです。その三井住友銀行では三井住友銀行カードローンという保証人不要の個人向け無担保小口融資を実施しています。審査は最短で30分、融資は最短で即日という、迅速さを売りにしているカードローンです。

このローンの融資限度額は最高800万円というもので、借入金利はその限度額に応じて、100万円以下なら年利12%から14.5%、200万円以下なら年利10%から12%、300万円以下なら年利8%から10%、400万円以下なら年利7%から8%、500万円以下なら年利6%~7%、600万円以下なら年利5%から6%、700万円なら年利4.5%から5%、それ以上は年利4%から4.5%で設定されます。また三井住友銀行の住宅ローンを利用中の方は、年利0.5%が優遇されます。

申込できるのは満20歳以上満65歳以下で安定収入のある方が対象で、アルバイトやパートでも審査申し込みが可能です。また申込は三井住友銀行各本支店に普通預金口座のない方でも可能です。申し込み方法はパソコンやスマホ、携帯などでの当行WEBサイトから、あるいは電話は郵送、店舗窓口でも可能ですが、最大の特徴は書く本支店ATMコーナーの片隅に設置されているACM、ローン契約機から申し込めることです。審査結果が最短で30分でわかるだけでなく、カードローン専用カードもその場で発行されますから、発行され次第融資開始が可能です。また既に三井住友銀行の普通預金口座をお持ちの方で、お手持ちのキャッシュカードとローンカードの兼用をお望みで、窓口営業時間中であれば、カード作成にかかる時間もなく、即借入ができます。

さらに三井住友銀行の普通預金口座と返済用口座を開設されると、普通預金の残高が公共料金の引き落としなどでマイナスになった場合、カードローンから普通預金口座に自動融資されるバックアップを実施しています。返済方法は残高スライド定額リボルディング方式ですが、当行ATMや提携コンビニATMからの随時返済も繰り上げ返済手数料無料で可能です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 【推奨!】スタッフィも良いけどもっと借りやすい消費者金融紹介 All Rights Reserved.